プロフィール

猪瀬市子

美濃焼の中心地、岐阜県土岐市で生まれ育つ。
嵯峨美術短期大学陶芸科を卒業、その後岐阜県多治見市意匠研究所を卒所。

26歳の結婚を機に埼玉県さいたま市へ、以来2016年12月までの28年を埼玉県
さいたま市で暮らす。2児の母。

35歳で胃ガンを患い、子どもの不登校を経験する。
その経験は、自分の内に気づいていく大きなギフトとなる。
陶芸におさまらずクレイセラピーや、幼稚園で子ども達と土あそびをしたり、
陶芸ワークショップを開催したり、絵を描いたりと幅広く活動中。

2017年10月からモロッコに移住。
2019年11月、モロッコのエッサウィラにて、日本人初の女性アーティスト3人展を開催。
モロッコのみならずヨーロッパなど海外の人たちからの評価も得て、地元メディアにも取り上げられ注目された。
2020年の3月、カサブランカでの同展覧会が予定されていたが、
コロナ禍で中止となり政府要請により帰国。現在、原点の岐阜に戻り制作を再開する。

Ichiko Inose Profile

Born on May 01, 1962, in Gifu, which is known as the hometown of Mino-yaki wares. Her bold and passionate expression on her works succeeds the legacy of the pottery culture accumulated over 1300 years there.
At the first visit of Morocco in 2016, she fell in love with this beautiful land. The messages from the mother earth through contact with her heart and hands have been encouraging and inspiring her.

Returned to Japan in August 2020 by Corona. Currently, she resumes production in her hometown of Gifu.

1982 Graduated from Kyoto Saga Art Junior College, Ceramic Department
1987 Graduated from Tajimi City Ceramics Design Institute

Selected representative exhibitions
2011 “ 11th International Ceramic festival”, Gifu Prefectural Museum of Contemporary Ceramic, Mino Japan
2008 Solo exhibition “Contact08” Gallery TAO, Tokyo, Japan
2007 Group exhibition “Present of Ceramic Art- form consisting of clay Pratt !V”, Gallery VOICE , Gifu, Japan
2006 “44th Asahi Ceramic Art Exhibition”, Nagoya, Osaka, Fukuoka, Tokyo, in Japan