モロッコ初の展覧会、先週末おかげさまで無事に終わりました〜٩( ᐛ )

はああ〜〜、、終わった〜!!!!!

搬出を終えて、ひと段落。どどっと気が抜け、その後は、

ただただ動けず、、ぼーっとしてて、、

(´-`).。oO(´-`).。oO、、、、、、、

、、、、、、、

、、、、、、、

さらに動けず、、、、そして1週間。。笑

まあ、ほんといろんなことがあって、書きたいことはいっぱい。
この貴重な体験が今後の自分のあり方、生き方の気付きにもなった。。

ああ〜、、書いてるとめっちゃくちゃ長くなってしまい、、
なかなかスッキリまとまらなくてうだって、また数日。。。。ちーーん!

 

もうあかん、、いつまで経っても記事が上げらない(≧∀≦)

あきらめて、、とりあえずまた少しずつ書いていくことにして、、インシャラーだけどf^_^;笑

とにかく一区切り!!

 

 

今、あらためて振り返ってみると、今回の展覧会は、ほんとに周りの日本人の仲間の持っている力がみごとに結集し、『和』のテーマ通り調和した素晴らしいものでした(*゚▽゚*)

加茂孝子さん、そしてアンナちゃんと私の、和紙、植物、土のハーモニーが、会場にとても清んだ美しい空気感を放ち、来場者からはすごい好評で、会期が延長されたことは、ほんと一人の力では出来なかったことです!

そして、しおみえりこさんの石巻の被災した着物を使って世界を繋ぐプロジェクトの大きなタペストリーが、展覧会を一層華やかなものにしてくれていました。今回は日本から応援隊として参加してくださり、パートナーの橋爪氏の演奏、そして着付けをしてくださったマサコさん、皆さんの力がより花を添え、海外の多くの人たちが日本の文化に触れられ感激されていました。

えりこさんプロジェクトの被災した着物で作られたタペストリーの前で!

今回の展覧会が、DAR SOUIRIで、今年一番の展覧会だったと聞くと、日本人として、ほんとすごく嬉しかったです(*≧∀≦*)

結局、総勢何人の来場者があったのかは、残念ながら記録してないのでわかりませんが、ここは、海外からの移住者や旅行者がとても多い町というのもあって、フランス人をはじめ、イタリア、スペイン、ドイツ、ベルギー、数えたら、なんと18カ国の人たちが、私たちの展覧会に訪れていました!!o(≧▽≦)o

こんなに素晴らしい展覧会が実現できたのも、いろんなかたちで応援くださった皆さんのおかげですですw。
本当にありがとうございましたm(._.)m

まずはお礼と報告でした。

(作品搬入時の様子。橋爪氏のレンタカーで我が家から会場へ。。有り難かったです!)

明後日から、フェズという物作りで有名な古都の都市に行ってきます!(ちと勇気のいる場所ですが)
窯の件でもう一度調べてきたいと思います。ファイト!

☆クラファン支援者の皆さまへ

念願だった展覧会も終わり、これからは窯のことだけに集中できるようになりました。
来月日本に一時帰国するまでには、窯を決めたいと思っています。

リターン商品の準備(私の作品以外のリターンについて)買い付け、
個人、グループセッションの日程調整の連絡、お茶会の場所、日程など
そろそろ決めていきたい思っています。
お一人お一人へのお礼メール、一時中断してましたがぼちぼち再開します。
遅くなりましたが、もうしばらくお待ちください。m(._.)m♡